10月, 2015

麺屋放浪記vol.2

こんにちは。

夜の冷え込みも増してきて、熱いラーメンが恋しい季節となりました。

麺屋放浪記の第2弾でご紹介するお店は、安佐南区緑井にあります「麺屋 愛0028」さんです。

DSC_0428[1]

こちらのお店は、広島では数少ない二郎系ラーメンがいただけるお店です。

二郎系ラーメンとは、東京にあります「ラーメン二郎」を発祥とする、超極太麺・山盛り野菜・厚切りチャーシューに、ニンニクと背脂がトッピングされたスタイルのラーメンの総称です。また、ラーメン並サイズでも他店の大盛級の量があり、その暴力的かつ中毒性の高いラーメンは、世のラーメン猛者達を虜にして止みません。

かく言う私も、この二郎系ラーメンの愛好家(通称:ジロリアン)であり、「う、上の半分は・・・や、野菜だから・・・」と意味不明な言い聞かせをしつつも定期的に通っております。また、こちらの「麺屋 愛0028」さんでは、お昼限定で麺100g増し無料という大変ありがたいサービスも行っています。(写真は麺100g増し)

DSC_0429[1]DSC_0430[1]

ご覧のとおり、うず高く盛られた野菜(もやしとキャベツ)のおかげで肝心の麺が全く見えません。ここで怯まず、その野菜をかき分けて行くと、自慢の超極太麺がその姿を現します。

DSC_0431[1]

こちらのお店では、麺増し・野菜増しの他に、ニンニクの有無・背脂の有無・スープの味の濃さなどの細かいオーダーに応えていただけるうえにトッピングも豊富で、自分好みのラーメンをカスタマイズできるのも魅力のひとつとなっています。

皆様の中でご興味を持たれた方がおられましたら、しっかりとお腹を空かせてから、二郎系ラーメンをお試しください。

主体性重視で発揮能力開発

企業における能力開発では、技術や知識を保有するだけでなく、実践的に実務で活用できる発揮能力の開発が必要であり、社内資格の要件でも、発揮能力のレベル定義を用い、達成目標を与えることが重要です。

 

発揮能力の効果的開発法

社内研修を使って発揮能力を開発する効果的方法について次に例示します。

  • 研修ニーズ・対象者の明確化

目標管理制度の目標達成度・プロセス評価などから、不足している発揮能力(例えば、企画能力、計画推進力)と対象社員層を明確化する。

  • 社内講師の育成、活用

社内等級の上級者・エキスパートに講師・テキスト作成・カリキュラム編成を担当させる(または、社員から少数の代表者を選び、社外研修に参加させた上で、社内講師を担当させる等、社内人材の育成を重視)

  • 社内研修の計画、実施

 

社内研修準備

カリキュラム・テキスト(研修テーマについて、学習する理論・活用手順の概略を記載)の準備

参加者の上司・本人にカリキュラム・テキストと共に研修参加要請
参加者の事前準備

参加者がテキストを参照し、自己の担当業務で活用する上での疑問点を整理した上で研修に参加

講師のレクチャー:テキストに基づいて一通りの説明、解説
実務活用上の疑問点を参加者間でグループ(4~6名単位)討議・発表・共有(講師が整理)
同様に疑問点に対する回答をグループ討議・発表・共有、講師による整理とまとめ
参加者の上司に研修内容、参加者の疑問点・回答・講師のコメントを説明、職場でのフォローアップ・目標管理の運用の中でのOJTに連結させる

 

経営者・管理者の留意点

研修した知識・技術を発揮能力とするには、このように参加者が主体的に、かつ相互に学習する研修の実施と実務でのフォローアップへ連結させることが不可欠です。

非課税措置年内終了 公募公社債投信

現在、公募投資信託の数は、5000本以上もあり、一般にファンドともよばれています。その多くは、契約型(運用会社と信託銀行が契約を結んで組成)で株式投資信託(約款に株式に投資できる旨記載されている投信)です。

 

投資信託の利益は2種類

投資信託には、インカムゲインとよばれる「分配」とキャピタルゲインとよばれる「売却益」の2つの利益があります。

前者は、分配金30円と書かれていれば、1万口ごとに30円、ということになります。

後者は、株と同じように、値上がりによる売却益(値下がりによる売却損もある)です。この売却益ですが、投資信託では、基準価額とよばれる数値が株の株価にあたるものです。基準価額は、ファンド1万口あたりの価格です。基準価額1万円のとき100万円でファンドを100万口買った後、基準価額が1万2000円になったときに全部売却したとすると売却額は120万円となり、120万円-100万円で20万円の売却益、キャピタルゲインが生じたことになります。

 

公募公社債投信の行方

現在、公募公社債投信の売却益は、原則非課税で、売却損はなかったものとされ、いずれの所得とも損益通算ができません。

しかし、来年からは、売却益は課税になり、一方、その売却損は、特定公社債等の配当等、利子、売却益、償還差益との損益通算、そして、上場株式等(上場投資信託「ETF」)、上場不動産投資信託「REIT」、上場投資証券「ETN」、公募株式投資信託等)の配当等、売却益との損益通算が可能となります。損益通算の結果、控除しきれない損失の額については確定申告により翌年以後3年間繰り越すことができます。

そこで、公募公社債投信の中に含み益をもったファンドがあれば、今年中に売却して売却益非課税を狙うか、一方、資源国、新興国向けのファンドの中に含み損を抱えているファンドがあれば、損出しは損益通算できる来年まで待つ、といった選択もあります。

 

難しい判断(市場を読む)

ファンドの運用が好調で純資産残高も順調に推移し基準価額も上昇しているのであれば、何も今年中に売却することもありませんし、一方、ファンドの資金が流出し純資産残高が著しく減少しているのであれば、損失拡大回避のため早くファンドを処分した方がよい場合もあります。

相続で取得した資産 その耐用年数

相続で取得した減価償却資産は、特殊な事例を除いて殆どが中古資産です。この中古資産について、取得価額について明文の規定はありますが、耐用年数については規定がありません。

そこで、減価償却資産の耐用年数等に関する定めを適用して算出した耐用年数、いわゆる中古資産を取得した場合の簡便法(当該資産の法定耐用年数から経過年数を控除した年数に経過年数の2割に相当する年数を加算したもの)が適用できるかどうかです。

結論は、「相続により取得した減価償却資産には中古資産の耐用年数の簡便法は適用できない」、です。高裁まで争われましたが、その論拠は次の(1)、(2)です。

 

(1)取得日及び取得価額の引継ぎ規定

譲渡所得の計算において、相続・贈与等で取得した資産を譲渡した場合には、その者が引続き当該資産を所有していたものとみなす、とする「取得日の引継ぎ」規定があること。

それと平仄を合わせるように、相続・贈与等で取得した減価償却資産の取得価額についても、その者が引続き所有していたものとみなした場合における当該減価償却資産に所定の償却に関する規定を適用して算出された場合の取得価額に相当する金額、とする規定があること。

そして、これらの規定の趣旨を勘案すると、取得価額のみならず、償却費の計算に当たり必要となる耐用年数及び残存価額も前所有者から取得者に引継がれると解すべきである、としています。

 

(2)耐用年数簡便法の適用場面

中古資産を取得した場合の耐用年数簡便法の適用趣旨は、中古資産によって経過年数も様々で、これに一律の耐用年数を設定することは無理であることから特別に定めた規定であり、中古資産を取得した時点における取得価額を当該取得後における使用可能期間等に償却費として配分するために設けられた規定であること。

そして、相続等により取得した減価償却資産については、取得者は前者の新品としての取得価額を引継ぐことになり、この取得価額に対して通常の法定耐用年数が適用されるのであって、相続等による取得の時点で取得価額が発生することはないから、簡便法の適用の余地はない、としています。

民法の「寄与分」「履行補助者」 妻が夫の親の介護をした場合の相続

妻が夫の親の介護をした場合の相続

少子高齢化が進む今日においては、介護の負担が家庭の悩みの大きなものとなっています。家庭の中でも分担が上手くいけばよいものの、どうしても負担が特定の人に偏りがちです。妻が夫の代わりに、夫の親(義親)の介護の面倒をみるというのが、今でも典型的なケースといえます。

このような場合、妻の介護の苦労は、義理の親から相続で考慮されるかというと、原則的には、そのようなことはありません。妻は、義親の相続人の立場にないからです。

そのため、①妻を夫の親の養子にする、②生前贈与や遺贈を行う、③生命保険等を利用するなど、義親が生前に妻に報いる施策を取ることが多いのですが、それができないような場面では、妻を夫の「履行補助者」として特別な寄与があるとして「寄与分」を主張することも考えられます。

 

「寄与分」とは?

「寄与分」とは、被相続人の財産の維持・増加について「特別な寄与」がある場合には、その貢献度を相続分に加味しましょうという民法の考え方です。療養中の被相続人に自ら看護を行っていた場合や、相続人の負担でヘルパー等に介護させている場合などがその一例になります。この場合、相続人自身に「特別な寄与」があるというには、被相続人との身分関係上一般に期待できる以上の介護負担をしているほかに、無償性・持続性・専従性・介護の必要性などの要件をクリアしなくてはなりません。

 

「履行補助者」と民法改正の方向性

また、学説では「履行補助者」という考え方があります。「履行補助者」の行為は本人の行為とみなすというものです。この考え方によれば、妻という履行補助者の行為は夫(相続人)の貢献として夫の寄与分としての相続分が主張できることになります。

判例でもその考えに基づくものがいくつも示されていますが、その一方で「寄与分に履行補助者の概念を利用することに問題がある」「妻を夫の手足のように考えるのは乱暴だ」という反対意見もあるようです。

法務省の法制審議会でも「相続法制検討ワーキングチーム」が、寄与分制度の見直し案を報告していますが、「相続人以外の者の貢献等の考慮」については賛否が分かれたようですね。

マイナンバーの簡便な収集と保管方法

従業員のマイナンバーの収集・保管には

これから従業員のマイナンバーを収集・保管するのはどうするのが良いのかと考えている企業も多いかと思います。セミナーで聴いたり、システム会社からシステム導入の説明や勧誘を受けてみたりしても何が自社に適当か分かりにくいのが現状です。

マイナンバーを含む特定個人情報は今までよりも厳重な取り扱いが求められ故意による漏えいには罰則が強化されています。取り扱いには注意し、漏えいしないよう必要な手立てをしておく事は大事でしょう。

 

在職者の番号収集時期は

事業所はマイナンバーを収集・保管して来年からの雇用保険や労災保険、税分野の書類に関し、届出の際に使用します。事前に社内でマイナンバー事務を扱う人を決めておく必要があります。

在職者の番号の合理的な収集時期は年末調整の前の扶養控除等申告書を各人に配った時に番号を記載してもらい、マイナンバーの通知書写しを添付して、会社が確認をするのが良いでしょう。収集方法は直接かメールでは別便パスワード付きで送付、簡易書留で送付等によって集め、会社はナンバーを記録すれば写しは保管してもシュレッダー等で廃棄してもかまいません。

 

小規模事業所の収集・保管の流れの例

①扶養控除等申告書と個人番号の写しを提出、本人確認や番号の確認をしたらコピー等は保管しない。

②担当者が手書きで書面に記載して金庫や鍵付きキャビネットで保管するか、パソコンに入力して管理する時はIDを付ける。

③提出書類に番号を書く必要があった時には金庫から取り出し、番号を転記、番号は元の金庫にすぐしまう。

④手続や届出書の控えは、法定保存期間を過ぎたら廃棄する。

⑤退職者の書類の番号部分はマスキングしておいて法定保存期限が来たら廃棄する。

小規模な事業所では紙ベースでの記録保管が便利です。社員への使用目的説明義務、番号利用記録の記載もでき、バインダーにとじて保管ができる用紙が出ています。システム利用をためらっている場合や費用をかけたくない場合であれば簡単に始められるので、まず行ってみる事で悩みも軽減されるでしょう。

平成19年遺失物法改正 ペットを拾ってしまったら…

ペットを拾った場合はどこに届出?

「迷い犬」や「捨て猫」などを拾った場合、どこに届ければよいのでしょうか?

ひと昔前は「警察署」と決まっていました。「迷い犬」「捨て猫」は、「忘れ物」「落とし物」と同様に「遺失物」として取扱います。 この場合、遺失物法により、すみやかにその落とし物をした人(飼い主)に返すか、警察署、交番等に提出しなければなりません。

ただ、警察署では動物の飼養や保管に関する専門的な職員及び施設を有していません。普通に考えれば、専門的な職員及び施設を有する都道府県等で犬及び猫を取り扱うこととした方が動物の愛護の観点から見て適切ですよね。

 

平成19年に「遺失物法」が改正!!

そこで、平成19年に遺失物法が改正され、動物愛護法の規定により「所有者の判明しない犬又は猫」が引き取られる場合には、この警察署への提出義務がなくなり、都道府県等の自治体の窓口(動物愛護センターなど)でも受け付けるようになりました。

とはいえ、法律上「遺失物」という位置づけは変わっていないため、相変わらず警察に届けることはできます。警察署では犬・猫を拾得した旨の申告を受けたときは、①飼い主から、警察にその犬・猫の遺失届が提出されていないか確認の上、②所有者が判明しない場合には、拾った方に動物愛護法の規定により都道府県等に引き取りを求めるか確認するという流れになっています

ただ、犬猫以外のペットを拾った場合は、警察への提出義務がなくなっている訳ではないので、注意が必要です。

 

遺失物の拾得者には「お礼」がもらえる?

遺失物を拾った方には、落とし物をした方から、「お礼」をもらう権利があります。この「お礼」は「報労金」と呼ばれ、遺失物法の規定では、落とし物の価格の5%~20%とされています(施設内で拾った場合には、その拾った方と施設占有者がそれぞれ1/2となります)。この権利は、落とし主に落とし物が返還された後1ヶ月を経過すると請求することはできません。

所得税法では、遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金は「一時所得」とされています。

退職後ライフプラン 国民年金任意加入

公的年金と私的年金

老後のライフプランを考える時は公的年金をベースに不足分を私的年金で補う事を考えるのが一般的です。公的年金はスライド制かつ終身給付であり、賦課方式で現役世代から老齢世代への所得の振替を行っています。収入の少ない時には保険料免除があり、保険料全額が所得控除になります。又、年金の半額を国庫負担で原資を確保しています。

私的年金は積立方式であり積立金と運用益を原資にしています。保険料の強制徴収はありませんが、終身給付にするには高額な保険料の支払いが必要でしょう。又、インフレになった場合には目減り感が出るかもしれません。公的年金の補完的役割として考える事が良いでしょう。

 

国民年金の任意加入

年金受給には原則25年の加入期間が必要ですが60歳時にまだ受給権が無い場合や、受給資格はあっても20歳から60歳までの40年間の全期間は満たしていない人は任意加入する事ができます。65歳以上の人は受給権がまだ無い場合で、昭和40年4月1日以前生まれの人は70歳になるまで特例任意加入ができます。受給権が発生するまでの加入となります。受給権を得れば、低額でも年金が定期的収入となり、就職しても年金額を差し引いた賃金で働けばよいので違いが出てくるでしょう。

 

加入に当たっての注意点

①加入期間調査 平成27年度基礎年金額は満額で約78万円です。年金定期便などで自分の加入期間を調べてみましょう。

②無理な加入は避ける。いくら満額にしたいと思っても資金が無い場合は無理をしない方が良く、又、未納期間の長い人は元が取れない場合があります。

③保険料は賄えると言う場合には早めに加入する方が良いでしょう。

④付加給付(60歳台前半の人)の保険料は月額400円ですが、2年間で納付した保険料の元が取れますのでお勧めです。

⑤この後の介護保険料や後期高齢者の年金からの保険料天引きに備えて年金を積み増しできるなら、しておく事が良いでしょう。

⑥加入中に障害年金に該当するような事態となった時を考えて保険料は滞納しないようにしましょう。

サンフレッチェ優勝まっしぐら

落合です。

この間の土曜日にエディオンスタジアムにサンフレッチェの応援に行ってきました。

今日の対戦相手は川崎フロンターレという現在得点ランキング1位の大久保選手がいるチーム。

5月にあったファーストシーズンでは川崎のホームで1-0で勝っていて、ここ3年間の戦績も3勝1分1敗とサンフレッチェが得意としているチームではあります。

ただ、大久保選手がおり、しかもサンフレッチェとしては年間1位になるためにはもう1試合も負けられない状況で始まった試合。

市内ではフードフェスティバルが開催される中、そんなことには目もくれず2万人の観客が応援に駆けつけていました。

自由席はほとんど埋まっていて、アウェイ側の端の方しか空いていません。ビールもなかなか買えません。

s_2015-10-17 14.18.16

前半はサンフレッチェは惜しいシュートはありますが、どうにも攻め切れない。左サイドハーフの柏選手の不在が影響していると感じました。

逆に川崎は大久保選手を中心に連動した攻めでどんどんシュートを打ってきました。

ただ、そこはうちの守護神の林選手がスーパーセーブを連発して前半は0-0で折り返しました。

ハーフタイム中に生ビールが売り切れて缶ビールになりましたが、そんなことではへこたれず後半の応援へ。

 

後半立ち上がりも前半と同じような展開で、サンフレッチェはなかなかボールが落ち着かずに攻められていたその時。50分にこーせーこと柴崎晃誠選手のキャプテン翼並のバナナシュートが川崎ゴールを揺らしました。

ここから勢いに乗って追加点と行きたいところだったんですが、やはり川崎が押している展開。

65分に右サイドハーフのミキッチ選手をディフェンダーの佐々木選手と交代させて今年恒例の守りぬく体制を整えました。

しかし83分、相手の右へのサイドチェンジでペナルティエリア前の右寄りにフリーで位置していた大久保選手のもとにパスが来て右足を一閃。

ゴールの左側へ向かって飛んでいたシュートに守護神林選手は完全に追いつく様子で安心して見ていたら、そこからボールが急に右に落ちてゴールの真ん中へ。

林選手は体勢を崩してしまい、なんとか左手で触るもボールはゴールへ吸い込まれました。

そのままゲームは膠着し90分が過ぎロスタイムになり、左サイドハーフの清水選手が交代し、山岸選手が入ってきました。

ロスタイムは4分、スタジアムは引き分けムードになり、一部の人は帰り始めていました。

そんな中キャプテンの青山選手は観客席に向かって両手を振り上げていました。観客にまだ4分ある落胆せず盛り上がれと言っているようで、観客はまた熱い応援を始めました。

しかしロスタイムは既に3分を経過。

そんな時にやってくれました。日本代表の浅野選手が左サイドを突破しセンタリング。そのボールが相手の足に当たってゴール前に跳ね返され、それをクリアされたのですが、そのこぼれ球がサンフレッチェの選手の目の前に、そこにいたのはさっき交代したばかりの山岸選手。

左足でダイレクトで合わせてゴールの右隅へゴール。おそらく交代してファーストタッチだったのでは。

その後守り切ってサンフレッチェが2-1で勝利。この勝利により2ndシーズン1位を守りきり、年間勝点も1位に返り咲きました。

さすがゴールをした試合は負けない不敗神話を持つ山岸選手。残り3試合残っていますがゴールを期待しています。佐藤寿人選手もそろそろ決めて欲しいです。

20151021170552

来週がアウェイ甲府戦、再来週がアウェイガンバ大阪戦、最後に来月22日が最終戦ホームで湘南戦。

甲府は格下だがなぜかサンフレッチェが苦手としているチーム、ガンバ大阪は昨年のJリーグ、ナビスコカップ、天皇杯の3冠を達成したチーム。

このアウェイ2連戦に勝ってもらい、最終戦ホームで優勝を決めて欲しいです。

s_2015-10-17 16.03.24s_2015-10-17 16.03.26

人材育成の考え方

“企業は人なり”と言うように、企業活動は、人材の確保と、その活躍によって決定付けられることは自明であり、長寿企業は、豊富な人材を得ることに成功していると言えましょう。ここでは、人材育成で欠かせない基本的な考え方について述べます。

 

人材育成の考え方

企業の人材育成において欠くことが出来ない基本的な考え方は次の通りです。

  • 企業が存続、発展していくために、必要な人材を、職務・職種ごとに、ゼネラリスト(組織活動の維持・運用に必要な管理職、企画職・総務職等幅広い職務をこなせる人材)、スペシャリスト(特定分野の知識・技術を駆使する専門職)の別に必要人員など、自社に必要な人材構成を具体的に描いて、計画的に採用・育成する。
  • 人材育成の取り組み方は、社員が自ら「自己がなりたい人材像を描き、主体的に、自分の能力開発を図る」よう誘導する。

そのため、人事賃金制度の一環として

社内等級制度を設け、各等級に求められ

る基礎知識・技術、発揮能力と評価方法

を定めておき、社員一人ひとりが年度ごとに目標を定めて主体的な努力を行なうとともに、管理職、職場の先輩がOJTでフォローアップするなど、能力開発の環境をつくる。

  • 実務遂行に役立つ実践的な能力開発の土台となる基本的な知識・技術(例えば企画の知識・技術、コミュニケーション技術、部下指導法など)は、階層別(新入社員・中堅社員・管理職等)教育システムとカリキュラムを定めて、Off-JTで教育し、OJTでフォローアップする。

人材育成の効果的方法

人材は実務に直結して、実践的に育成することが最も重要で、それを可能とする効果的手段は「実務の遂行、即人材育成」となる業務遂行の仕組みづくりと、管理職が中心となって作り出す場環境です。この意味で、企業活動に広く活用されている目標管理制度は、その本質が「業績管理制度」であり、戦略目標達成のための仕組みであること、その運用プロセスの管理は、そのまま人材育成のプロセスともなっていることから、業務遂行と一体化した実践的、効果的な人材育成手段ともなっていると言えます。

カテゴリー
お気に入り